VISION

VISION

UPDATE

介護職のイメージアップ

高齢化が進む一方で、日本の出生数は減少を続けており、令和47(2065)年には56万人になると言われています。
出生率の減少は、生産年齢人口にも影響を与えており、令和11(2029)年には6,951万人、令和47(2065)年には4,529万人と推計さ れています。
この結果から分かるように、いま日本全体で介護を必要とする高齢者が増え続け、介護を担う若者が減っていくという 悪循環に陥っています。その中で社会がIT社会へと変化する現在、ITで効率化され人材が介護業界を次なるステージの選択肢となる ようにまた、未来を担う若年層達にも介護業と触れ合う機会を多く創る為に事業所を街中へ展開行なっております。
私達は『介護職のイメージアップ』と『他事業所との差別化』で介護業界へ貢献して参ります。

他事業所との差別化

デイサービス事業での差別化は大変難易度が高い
例えばグローケアも運営するデイサービスという種別は全国に約24,000件(R2年現在)という統計があります。
現在も増 加傾向にあります。
全国コンビニ各社比較すると、(S社20,929軒 F社16,597軒 L社14,425軒)
数ある介護サービスの一部でしかないデイサービスでさえ、コンビニ各社と比較してもすべて上回る数となります。
更に介護保険法で一定のサービス基準が設けられた制約の中などの条件下での大きな差別化は至難の技といえます。
しかしグローケアは開所当初から差別化の道を歩んでいます。例として、ケアプランで定められた毎日買い物練習や、毎日外 出歩行訓練です。
今後もそのノウハウを活かして社会保障費(介護給付金)で地域課題を解決する『地域よし』『要介護者よ し』『企業よし』のビジネスモデルを育てていきます。

OUR VISION

具体的に介護現場で感じることは沢山あります。
中でも要介護者との関わりについて長い人生の中で
様々な経験を乗り越えた人生の大先輩の優しさに触れること、
苦しいことも楽しいことも経験したからこその人間の厚み、そんな方たちに寄り添える。

日々人生について考えさせられる仕事は介護ならではだと考えます。
このような魅力あふれる介護の仕事、
また高齢者と触れ合う時間の尊さを是非知っていただきたいという想いを掲げ、
私たちはそういった介護を「カッコイイ介護」と定義し北九州から日本全国へと発信していきます。
そして競合ひしめきあうこの業界で私達は新たな介護のカタチを探し求め、
表現し続けることが ”介護業界の成長” アップデートにつながっていく。

これが私たちのvisionです。